バロック音楽を聞いてみた   

2008年 11月 28日

バッハといえば現代音楽の基礎を作った偉人として有名ですが、
こんな肖像画で小学校の時からなじみがあると思います。


f0184997_14364066.jpg

この前買った楽譜の付録をいまMP3に入れて毎日聞いているんですよ。
これが結構いい!
平均律とかはレコード(古い!)を持っていたくらいなので、私は結構バッハ好き
だったのかも?
まあ、一応講釈垂れると、この時代は結構古いのでテンションコードがあまり無く
というか、まだ不協和音が悪という認識があったのだと思いますが、
聞いていて非常にスッキリした感じです。
でもそのままじゃ、緊張感が無いので結構頻繁に転調させて曲に緊張感を
与えていると思います。(ちゃんとコード取ってないので自信が無いのですが)
この手法は、ギターの神様、エリッククラプトンの「レイラ」っぽいじゃないですか!
この曲もアレッ!と言う転調がなんともいい緊張感ですもんね。
などと聞き込んでいくと、ベースラインとかはポールマッカートニーの
ベースっぽい。
ロックの神様たちも結構クラシックを聞き込んで勉強しているんですね。
しかし、聞くのは簡単だけど、弾くのは難しそう。
キーボードで作った曲だからギターで弾くと結構ムリな運指がある。
バッハを弾くのは憧れで終わるかも・・・・・

話は変わり、昨日はバックパッカーの弦を初めて交換しました。
f0184997_15105248.jpg

弦を変えたらまるで違う音。
f0184997_15132556.jpg

f0184997_15135456.jpg

これからはマメに交換します。
[PR]

by gogo-tris | 2008-11-28 15:17 | 音楽

<< ギター選び(決定編) ギター選び >>